2007年08月10日

きらきらひかる



女性監察医が仕事を通して、”生”の大切さを学びながら成長していく姿を描くヒット・ドラマ&...


『きらきらひかる』は郷田マモラ作の漫画、及び、それを原作とするテレビドラマ。講談社ミスターマガジン刊。遺体を検案し、その死因の真相を究明する女性監察医にスポットをあてた物語。1998年1月から3月にかけてテレビドラマ化された(脚本:井上由美子)。

女性監察医・天野ひかるが遺体を解剖し、その遺体が語る真実が導き出す悲喜こもごもの人間ドラマを牧歌的キャラクターに乗せて描いている原作とは裏腹に、ドラマ版では監察医としての仕事に真摯に取り組みながらもプライベートではレストランで他愛もない恋の話に花を咲かせる女性達を中心にスタイリッシュな物語として昇華させている。以下では主にドラマシリーズについて述べる。(wikiより)


■キャスト

天野ひかる・・・深津絵里
杉裕里子・・・鈴木京香
月山紀子・・・松雪泰子
黒川栄子・・・小林聡美
喜多村隆三・・・石丸謙二郎
綾小路真・・・林泰文
森田和也・・・野村祐人
杉冴子・・・篠原涼子
田所新作・・・柳葉敏郎
酒田利明・・・東幹久(第1話)
高橋克実(第1話)
葛山信吾(第1話)
未亡人・・・立河宜子(第1話)


1. オシャレも恋も死体解剖する!女たち

【パンドラ】[1-1



2. 他殺?事故?死体は語る

【パンドラ】[1-1



3. 猫と溺死体の関係?

【パンドラ】[1-1




4. 美人監察医がレイプ事件の真実に迫る

【パンドラ】[1-1



5. ひかるが殺される

【パンドラ】[1-1



6. 死んだ恋人からの手紙

【パンドラ】[1-1




7. 正当防衛?疑惑の不倫妻

【パンドラ】[1-1



8. 死体は妹に奪われた恋人

【パンドラ】[1-1



9. 月山紀子が撃たれ、歯は最後の言葉を

【パンドラ】[1-1




10. 女刑事が出血死?東ヨーロッパから神戸へ母と娘の愛憎の真実

【パンドラ】[1-1
posted by たかし at 11:23| き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブックマークに追加する