2007年08月07日

がきんちょ〜リターン・キッズ〜



がきんちょ〜リターン・キッズ〜(1)


『がきんちょ〜リターン・キッズ〜』は、2006年7月31日から9月29日まで毎日放送制作・TBS系列の「ドラマ30」枠で放送された昼ドラマの帯番組である。

優柔不断な28歳の女性が小学生当時の過去を追体験し、彼女を育む人々や故郷の自然、生前の母親、そして10歳の頃の自分自身と接することによって、改めて成長していく姿を描く。


物語は、自分の記憶とは微妙に異なる「ひと夏」を過ごし、初恋や親友との出逢いを再確認し、仲違いしたままこの世を去った母親の、生前は知ることのなかった自分への想いや、出生の秘密を知る「過去編」と、その不思議なひと夏の体験を踏まえ、さらに突如現われた、18年前の姿のままの親友とともに、新たに人生を切り開いていく「現代編」の2部構成で描かれる。


また、2004年の昼ドラマ「虹のかなた」との類似点が指摘されている。舞台となった時代の一つが1988年であること、主人公のアイドル経験のほか、劇中歌「Pure」を引用したことがその例。撮影の主な舞台となった「大子町」には「大きい子どもの真知(主人公の名前)」の意も込められている。


■キャスト

辺見えみり(田丸真知)
美山加恋(夏川桃の子供時代)
藤村俊二(田丸蔵之介 /ジジ)
高杉亘(田丸欽之介 /トト・欽ちゃん)
有森也実(夏川楓)
山崎銀之丞(辻文左衛門/文ちゃん)
おかやまはじめ(益子増男)


第1話 【パンドラ】[1-1



第2話 【パンドラ】[1-1



第3話 【パンドラ】[1-1




第4話 【パンドラ】[1-1



第5話 【パンドラ】[1-1



第6話 【パンドラ】[1-1




第7話 【パンドラ】[1-1



第8話 【パンドラ】[1-1



第9話 【パンドラ】[1-1




第10話 【パンドラ】[1-1



第11話 【パンドラ】[1-1



第12話 【パンドラ】[1-1




第13話 【パンドラ】[1-1



第14話 【パンドラ】[1-1



第15話 【パンドラ】[1-1




第16話 【パンドラ】[1-1



第17話 【パンドラ】[1-1



第18話 【パンドラ】[1-1




第19話 【パンドラ】[1-1



第20話 【パンドラ】[1-1



第21話 【パンドラ】[1-1




第22話 【パンドラ】[1-1



第23話 【パンドラ】[1-1



第24話 【パンドラ】[1-1




第25話 【パンドラ】[1-1



第26話 【パンドラ】[1-1



第27話 【パンドラ】[1-1




第28話 【パンドラ】[1-1



第29話 【パンドラ】[1-1



第30話 【パンドラ】[1-1




第31話 【パンドラ】[1-1



第32話 【パンドラ】[1-1



第33話 【パンドラ】[1-1




第34話 【パンドラ】[1-1



第35話 【パンドラ】[1-1



第36話 【パンドラ】[1-1




第37話 【パンドラ】[1-1



第38話 【パンドラ】[1-1



第39話 【パンドラ】[1-1




第40話 【パンドラ】[1-1



第41話 【パンドラ】[1-1



第42話 【パンドラ】[1-1




第43話 【パンドラ】[1-1



第44話 【パンドラ】[1-1



第45話 (終) 【パンドラ】[1-1
posted by たかし at 17:35| か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



ブックマークに追加する